社長メッセージ

 当社の歴史は、1859年に長崎で設立されたフレーザー商会と1880年に神戸で設立されたセール商会に遡ります。
 その後、両社の合併を経て、豪州及び英国の企業の傘下に入り、2000年に、社名を「ピイ・テイ・アイ・ジャパン㈱」とし、活動を開始致しました。
2013年2月14日に、M&Aを経て蝶理グループの一員となりました。

 当社の発祥に由来しますが、欧州・米国との関係が深く、高度な専門知識を必要とする特殊工業品の日本向け輸入を基盤として、事業展開をしています。

たとえば、日本に初めて導入した事例として、「T型フォード自動車」「ビクター製蓄音機」等々が有ります。 また、戦後、吉田茂首相のブレーンと言われた白洲次郎が在籍した会社としても知られています。

蝶理グループの一員となったことで、蝶理が得意とする中国・東南アジア・ロシア・中近東等の新たな地域との取組を開始し、より多方面への展開を加速させ、皆様のご要望に応える体制を構築しています。

より多様なニーズに、より迅速に、且つ、適切に、お応えすることで、社会の発展に貢献すべく、尽力して行きます。

また、コンプライアンスを重要事項として捉え、公正な社会の一員として、企業活動を行って参ります。

今迄以上に、機動力と専門的知識を生かし、活動の場を広げて行くことに、ご期待頂くと共に、皆様からのより一層のご支援の程、宜しく、お願い致します。